一休庵店内。しずかにみつめる王祿の文字。丈径さんの想いがここにあります。

王祿酒造杜氏の石原丈径さん(左)。蔵の細部にわたる話をたくさん聞かせていただきました(1998年から)。家族ぐるみでお付き合いをさせていただいております。

TOP
 イベント 粉のこと しながき NEWS アクセス
主役はどっちだ蕎麦と酒。